スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍び寄るテスト

ようやくサークル活動が落ち着きをとりもどし、すこしゆとりができたと思ったのも束の間、レポートやテストが襲いかかってきた。
昨日は例によって提出日前日まで放置したレポートをやってから、テストにせかされてスペイン語の勉強をしていたら明るくなっていた。先週えいちきゃっぷの活動で平均睡眠時間が3時間を切って以来、睡眠時間を削ることに全く抵抗を感じなくなってしまった。7時間半は寝ないと高ポテンシャルを発揮できないと信じていた先々週の自分からは考えられない。はたしてこれは良いことだったのか・・・。

明るくなってから家で仮眠をとることはいろいろと危険だし、クソ眠いのに起きて電車に乗るという行為そのものもつらいので、とりあえず大学に行ってから大学の空き教室かなんかで授業開始まで寝ることにした。大学には実はふかふかの長椅子が大量に置いてある建物があるため、そこにいって快眠するつもりだった。

電車の中で睡魔と激しく戦いながらなんとか大学にたどり着き、目的の建物へ向かう。しかし建物の様子がおかしい。人がいない。ドアに手をかけると、鍵ががかっている。
その時もう一度時計を見て、冷静に思った。うん、7時じゃあいてないこともあるか。
しかし我が大学には第二の快眠スポット、図書館がある。まさか大学で唯一といってもいい勉学のための建物が、朝7時にもなって空いていないはずはあるまい。眠気で朦朧とした頭でとりあえずそこまで考え、今度はふらふらと図書館に向かう。
しかし図書館周辺にも全く人がいない。さすがに不安になってきてさらに近づくと、入り口には
「閉館中」
の看板が。ちなみに開くのは8時かららしい。
さすがにこの大学のやる気のなさに憤りを感じ・・たいところだったけど、もうそんなことはどうでもよくて、とにかくまず寝たかった。
朦朧とする頭で寝られそうな場所を必死に思い出し、結局大学内の宿泊施設の裏で寝た。ここがなかったら芝生の上で寝かねない勢いだったので、危なかった。

・・・・・・・・・とりあえずこんな感じで頑張ってます。夜中勉強して大学で寝るという、夜中ゲームして学校でひたすら寝るという中高時代の生活リズムの改良版みたいな生活になってるけど、勉強に関してはこれでうまくいくのかは全く不明。
しかし忙しいだけであんまり楽しくないのはやっぱりちょっと問題かな。改善しなければ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。