スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきました

事前予告をし忘れてしまってすみません。廃墟合宿から今日帰ってきました。そのことについてちょろちょろと。
1日目夜10時東京駅に集合。初対面の人とかもいたので(オフ会みたいだw)仲良くなりつつ、近畿方面に向かう「ムーンライトながら」を待つ。ムーンライトに11時に乗り込むと、カタンをするために席を早速向かい合わせるたのだが、これが良くなかった・・・・。1戦を終え夜12時を回ったので、周りのお客さんに迷惑もかかるし、そろそろ寝ようかという話になり席を元に戻そうとすると、前のお客さんが既にリクライニングしていて席が回せない。まあ仕方ないかとみんな睡眠モードに入るが、しばらくして重大なことに気が付く。
足が伸ばせねえ・・・・・。あと、電気消えねえ・・・。
足が伸ばせないのはこちらの落ち度として、なんで電気が消えないんだ。コレ夜行電車じゃないのか。「別に起きてるよね?」みたいなテンションなのか。あ、ちょ、自分が寝られないからってちょっかいだしてくんな。・・・・・・・みたいな感じで、カタンをやっていた4人は寝られないことに苦しめられる。通路をはさんで反対側の3人(今回の旅行は計7人)は席を向い合せにはしていたものの、あいている1つの席に足をのばしてある程度しっかり寝ていたような気がする。電気が消えないことに苦しめられていたのはこちらと同じだったが。
そんなこんなで寝不足状態で京都駅に到着。そこからはバスで麓まで移動し、某山を登る。上の方では、ホテルや旅館の残骸やケーブルカーの駅舎跡があり、写真をたくさん撮った。特に駅舎は建物がそのまま残っており、テンションが上がった。天井には、長年の雨により石灰(?)が鍾乳石のようなものを形成しており、弁当の上に降ってこないか気が気ではなかった。
廃墟の写真を撮り終えた後は、頂上にはいかずにすぐに下山。その際、廃墟班一行は4人組と3人組に分離してしまう。結局、3人組の方は予定のバスの時間には間に合わず、先に4人組は出発することに。バスの運行間隔的に3人組が京都駅にたどり着くのは30分後。それまで、ご飯でも食べてのんびりしようかとお店に入り、うどんをすすっていると(この間約10分)3人組の方からもう京都駅に着いたとの連絡が。心底驚いた。この異常な早さはの真相はいまだに謎。
その後神戸まで移動して、ルミナリエの写真を撮った。当然ではあるけれど、周りはカップルばかりだったのでなんだか申し訳なかった。60分並ばなきゃならなかったのは面倒だったが、結構奇麗だったと思う。もし来年地元で開催するとしても絶対にいかないけど。
そしてようやくユースホステルに腰を落ち着かせる。3人揃ってとち狂って、コップにお茶パックをつっこんでお湯を入れたのは相当馬鹿だったと今は冷静に思う。班長の連絡不足により圧倒的な予算不足に陥り、一日ラマダン状態だった某チェス部員がここでなんとバッグから一万円を発見。イスラム教ってすげえと真剣に思った。
次の日は6時に起床。某山のホテル跡を目指す。今回の廃墟合宿のメインディッシュなので、とても期待が膨らんだ。到着したのは8時。とにかく保存状態が良く、大きかった。すぐ近くにロープウェイの駅があり、少しでも大きな声を出せば即通報というなかなか緊張感のある場所でもあった。
一通り回った後はすぐに下山。その晩宿泊する施設のある六甲山ヘ向かう。しかし、チェックインできるようになる3時まで時間を持て余し、日向ぼっこをしたり、写真を撮ったりして過ごした。
宿にチェックインすると、すぐに風呂に入った。この時に泊まった宿はユースホステルではなくしっかりしたところだったので、思い切り羽を休めることができた。ここにくるまでずっとコンビニ弁当だったので、特に料理には感動した。その晩は疲れていたのですぐに寝て、次の日に備えた。
最終日は廃墟には行かずに神戸を観光した。新神戸駅の裏にある滝を見て回り、そのあとに異人館街、中華街で昼食といった流れになった。廃墟もいいが、観光もやっぱり好きだ。暗くなると、諏訪山公園に登り、神戸の夜景を撮った。またもやここもカップルだらけで(ry
その後はお土産を買って、夜行バスで帰宅。とにかくずっと急がしくて大変だったが、濃密な旅行だったので楽しかった。それと、予算不足で困っていた所にお金を貸してくれた2名に、この場を借りてお礼を。途中から書きつかれて文章がしりすぼみになってしまったwCIMG9250.jpgCIMG9317.jpgCIMG9383.jpgCIMG9425.jpgCIMG9441.jpgCIMG9750.jpgCIMG9919.jpgCIMG9935.jpgCIMG9541.jpgCIMG9636.jpg










写真を置きます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。