スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょとした葛藤

2学期の終わりくらいから、受験という必要に迫られて、今までスルーしてきた自分の「漢字が書けない」というゆとり成分を排除するため漢字ドリルをやっているのだが、今日凄くショッキングなことあった。

Q 同じようでいてビミョウに違いがある
・・・・・・僕がやっているドリルの中にはこういう小学生でも書けるようなふざけた問題もいくつか混ざっており、そのたびにイラッとくるのだが今日はそれだけでは終わらなかった。


・・・・・・・・・・・・・・か…書けない・・・・・・・・・・・・・・
どうしたというんだ。頑張れ我が海馬!うなれ、俺の左腕!光れ、余の才能!
一生懸命自分を鼓舞したが、どうしてもビミョウの「ミョウ」が思い出せない。ゆとりの森はここまで茂っていたのか・・・・。

しかし絶望しても事態は進展しない。絶対に知っているはずなのだ。書けないはずがない、答えなど見られるはずがない。
仕方がないので作戦を変え、一番最後に「ビミョウ」を書いた時を思い出そうと試みる、が、全く記憶にない。そもそも、日常の小論文や回答で「ビミョウ」などという漢字を使うことがあるだろうか。いや、ありはしない。というかそもそも最近小論文や課題をしっかりやっていただろうか。いや、ありはしない。
思考は堂々巡りになり、完全に思考停止の一歩手前。最後の抵抗で脳内に「ミョウ」と検索をかけた時、神が舞い降りた。


「絶妙バーガ―」

これだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

こうして10分の悶絶の末、僕は自信たっぷりに書きこんだ。「微妙」と。・・・・・返品商品が一人の少年のプライドを救った瞬間であった。
・・・今更ながらよくこんなくだらないことに10分も使ったなと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。