スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化祭最終日

全日本で我らが先輩が悲願の優勝を成し遂げたそうで。おめでとうございます。

今日は1つ上のOBの方々がみえるということで展示が終わる4時頃を目安にチェス展に集合になっていた。
別に家にいても大してやることが無かったので(勉…何でもない)、30分ほど早めに行ったらそこにはすでに数々の先輩がいらっしゃった。それも1つ上に限らず、最高3つ上まで。
お互い再会を懐かしんで話しているうちに高3も集まり始め、文実に教室から追い出され、一行はバレーコートへ流れた。このころには30人くらいの大集団になっていて、領土拡大を狙う生物部を牽制しながらサッカーに必要な土地を確保した。チーム決めどころかボールを調達するのも一苦労で(この間に「エヴァ初号機」と名付けられた台車に乗って走りまわるという変な催しもあった)、やがて始まったサッカーも30分ほどでグダグダになると各自分裂してメアド交換をしたり4人相撲をしたりで自由に遊んだ。
学生の本能か日が傾き始めると自然と話題は夕食の方へ移り、やがて誰が率先するでもなく校舎を後にした。最寄のサイゼリヤが部活・文実で満員になるのは火を見るより明らかだったので僕はうまく他のところへ誘導したかったのだが、努力もむなしくみんないつもの方向に歩き始めてしまうのだった。しかし、予想とは裏腹に我々全員を収容できるほどのスペースがあり、各自分散して座ることになった。余談ながらこの時隣の席にいた外国人の女の子2人組が非常に不快そうな視線をこっちに向けたのを目撃してしまった。
学年は極力バラバラにしたかったのだが、「文理別!(高3はほとんど文系)」という最初の掛け声や、上の方の学年はお互い合うこと自体久しぶりということもあり、結局学年が多少固まってしまったのはしょうがない。ここでの食事や雑談の最中にもOBがどんどん加わってきて、盛況の中で夜が更けていくのだった。
何人かの邪悪な先輩が僕を横に倒してメガネを取り上げたり「寝耳に水」を実行したりしたのには参ったが、ここのところ味わえていなかったチェス部の雰囲気に多分に触れられたと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。