スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駿台模試初日感想

今回はお茶の水で受けてみることにした。数多くある駿台の建物を物ともせず「まあ、人についていけばなんとかなるだろう」と思っていたら、案の定違うところに来て警備のおじさんに「すみません1号館はどこですか」と聞く羽目になった。
なんとか教室に入ると、目の前の席には水泳部部長がいるではないか。その他にも今日は大勢の同級生に会うことになった。
しかももっと驚くべきことに、会場には明らかに我々の4倍くらいお年を召した方がいらっしゃった。思い起こされるのは「科挙には白髪になった受験生や、受験生の亡霊が出たという逸話も残されている」という世界史の教科書の文言。
後でこれを聞いた父「浪人なのかな…」
母「いや、老人でしょ」
周りも相当この老受験生に注目していただろう。
1 国語
全体的にかなり小さい字を詰めてしまったと思う。随筆で点が取れた気がしない。
2 受験票記入・昼食
部長(水)を誘ってニコライ堂を見に行った。お金がかかるし、今日は何か正式なイベントが行われていたっぽいので外からだけ。
僕「いい点が取れますように…」
3 数学
祈りは通じず。河合よりも解きにくかったし、何よりも計算ミスを頻発してしまった。最後の確率の問題に知的好奇心をくすぐられて、答えは出せたものの、検算に膨大な時間がかかった。しかも終わってから見なおしたら結局計算を間違えていたというオチ。猛省。

妄想
僕「ぐはっ ごふっ」
駿台「これが訓練でよかったな!実戦だったら貴様は即死だっただろう!」
僕「河合よりも難しいなんて…」
駿台「ふっ、やつは我ら三大予備校では最弱…」
(※冗談です関係者の皆様すみません)

明日も頑張ろう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

流石に最後で笑ったww
プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。