スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駿台模試感想

前回の更新から1週間、しかもまたもや模試の話題である…。ごめんなさい。
国語
(現代文)
問「筆者はメディアのあり方をどのように考えているか」
僕(「あり方」ってなんだ?)
この時迷ったのがこの言葉が ①現在の姿 ②あるべき姿 のどっちを指しているかで、残り時間をフルに使って考えてもわからなかったので適当にやり過ごすしかなかった。
帰ってから広辞苑で調べると、なんと①と②の両方が載っているじゃないか。腹がたった。
(古文)
和歌!! (爆発音)
(漢文)
何を書いたらいいのかわからないので不安のあまり全部書き、1文字が2、3ミリくらいになった。逆に減点されそう。
数学
これは確実に河合より簡単になってた。わからない問題も家に帰ったら解けるのはよくあること。
地歴
(日本史)
折角思い出した言葉なのに、「関東取締出役」を「関東取締役」と書いた。前回の採点方法から察するに、歴史用語を書き間違えるとその要素全体が0点になるので頭を抱えた。
(世界史)
リード文はほぼ全てスルーしたが、帰ってから読んでみると「国名は漢字での略表記で構わない(論述)」「解答にあたっての区別は前者・後者などで構わない(短答)」など、大事なお言葉が並んでいた。
英語
頼みの綱。本番の文法問題の配点が今回より低いことを願うのみ。

終わったあと、内部生の友人たちとも遭遇した。
友人「外部生って3人の席に3人がけらしいね」
僕「よりによって僕は真ん中だったから狭かったよ。…まさか内部生は真ん中の席があいてるの?」
友人「うん、基本的に2人がけだね」
果たしてこの格差は仕方ないのか、暫く考えることとなった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。