スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期末4日目・最終日感想

4日目
1 古文
普通に難しい実力問題が大半を占めたが、予告通り一風変わった問題も付いていた。
・短答文学史問題 …語群に「藤原紀香」とか「紅茶花伝」が混じってる。
・「中二以来の古文で印象に残った作品の感想を書け」 松尾芭蕉を批判してたら途中で時間が切れた。
・「学校生活を無駄にするな、と校長は折にふれて言っているが、6年間の中でのあなたの無駄使いについて述べよ」 大して時間がなかったので、とりあえずすぐに思い出せた体験でも書く。
中学生の時、電車代が惜しくなって電車1駅分の区間を歩こうとした。しかし反対方向に歩いていたことを次の駅についてからようやく悟り、結局そこから電車に乗ったので電車代と時間を無駄にした。
2 英語総合
出題者がネタに困ったのか、自分が読んでいたNewsweekに載っていたと思しき広告を載せてそれに関する読解の問題を出した。
5日目
1 世界史
やる気に溢れる先生は最後まで自分の出題形式を貫いた。地名と地図上の場所がなかなか一致しなかったし、論述は終わらなかった。残念。
2 現代文
解答用紙の最後にひときわ大きな空欄があった。問題を見てみると、
・数ある授業の中でも現代文は印象に残りにくいようだが、敢えて聞く。今まで印象に残った作品の感想を書け。
・「6年間を振り返ってポエムを書け、って問題でいいじゃないですか」と言っていた生徒がいたが、敢えて聞く。6年間を振り返ってポエムを書け。
・出題者は疲れたので、もう何でもいいから好きなことを書け。
という選択問題があった。教室中が笑っていたが、とりあえずここは後回しにして前半部を見る。…しっかり読解問題も付いている。そして自分が早くも「センターボケ」に罹患しているのか、面白そうな選択問題を答えたくてうずうずしているのか、思うように答えが書けないことに気付く。
時間はどんどん過ぎていき、ついに終了5分前。残っているのは大きな記述問題と、さっきの選択問題。「ここから一番点数を伸ばすには、どっちをやればよいか」僕は迷わず渾身のポエムを書き上げ、記述問題を満足に完成できないまま試験終了を迎えた。

試験終了後、学校に用事があった元部長のT先輩がいらっしゃったので、「僕は帰るんだー」とか言ってる部長もとっ捕まえてみんなで一緒に昼ごはんを食べた。時期が時期だけに参考書が入り乱れる不健全なテーブルとなったが、久しぶりにお会いできるいい機会だった。夕方になるともう少し先輩がいらっしゃるらしかったが、さすがにそこまで粘る時間はなかったので学校をあとにした。まあ、春合宿にでも一緒に。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。