スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式+その後

部長が「この1週間は生涯で1番勉強している」というので(時間節約のためにザ・ワールドとかウルトラストップウォッチとか使ってるんだろう)代わりに報告。
まず、Iから「俺が推してたのは「夜は短し歩けよ乙女」ではなく「四畳半神話大系」だ」という指摘を頂いたのでまず訂正します。

前日に急に雪が降り始めたのにはびっくりしたが、当日は綺麗に晴れて卒業式日和となった。当日の朝に初めて予行演習を行い、本番でも生徒の立ち位置を示すテープが壇上に残ったままという有様だったが(もっとも練習のために何時間も拘束されるのも困るけど)、式は滞り無く進められた。式の後には更に「卒業を祝う会」という昼食の場があり、マイクを持った先生や生徒がそれぞれ思い出を語る一方でテーブルではデザート・寿司の皿を中心に生徒たちの死闘が繰り広げられた。
やはり実感とか感慨はすぐに湧いてくるものではなく、大半のクラスメートともいつも通り別れてしまった。まあ、会う機会はこの先いくらでもあるはず。あと、友人のひとりに「Mixiやってる?」と聞かれた。個人的にはFacebook派だが、日本ではこっちが主流な以上この先連絡を取り続けるためにも使ったほうがいいかも知れないのかなあ。要検討。
学校で解散となったあと、部長の呼びかけでチェス部員+αで独自に打ち上げを行なった。予約してあった食べ放題の中華料理店での夕食となり、みんな昼食でいっぱい食べたにもかかわらずここでも運び込まれた最初の数皿は瞬く間に消えた。逃した元TD曰く「俺にはスピードが足りなかった」。さすがに次第にみんなのペースは衰え、最後には減らない酸辣湯を前にして苦しむIの姿が印象的だった。
こうしてみんなで話したり食べたりしながら過ごしたが、合宿の帰りの電車がそろそろ間に合わない時間になってしまったことが判明。これに対してIが「自宅を複数人に開放できそう」と宿泊者の受け入れを表明したので、僕も折角の機会なので家族の了解を得ておじゃますることにした。店から出て帰宅組と駅で別れ、宿泊組総勢6名でI邸に向かった。健全な受験生にジョブチェンジしてしまっていたみんなは到着し次第「やばいもう寝てる時間だ」と言ったが、その後しばらく卒業アルバムを読んだり四畳半神話大系を鑑賞したりしながら過ごし、自然と眠りについた。起きてからも漫画・ゴロゴロといったグダグダとした時間を過ごしたが、「不運にも中華料理店に卒業式の荷物一式を忘れ、回収のためにわざわざ僕の近所まで来てくれるという部管補に荷物を渡す」というミッションのために昼過ぎには帰ることにした。I君とお母様にはお世話になりました。
えー、卒業ですが当ブログはもう暫く続くつもりです。お付き合いをよろしくお願いします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。