スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来客

今日は授業終了後、夕方に正門の前で気になっているサークルのオリエンテーションを待っていた。そうしているうちに、隣にいた友人がテレビカメラの存在に気付く。そしてカメラが写していたのはなんと2人の「嵐」メンバー。いや、いくら芸能ネタがわからない僕でも彼らの顔くらい知ってる。名前だって知ってる。しかし顔と名前が一致しない。まあ、そんなことはさておき。あと堀北真希さんもいた。
番組の収録のようで、門の横で大学生にインタビューをしていた。ただでたらめに捕まえているようでもなく(そんな事したら希望者が殺到するだろう)、事前にアポのあった運動部員らしき誰かと話をしていた。
当然この間、それぞれのオリエンテーションのために待っていた学生たちは当初の目的を忘れてすごい勢いで一行を囲み、近づこうとしていた。それを阻んだのがテレビ局スタッフたちの甲斐甲斐しい働きだ。距離を詰めすぎる学生に対して「離れてくださーい!」と注意し、時には少し外側へと押し出す。そして「撮影はやめてください」というプラカードを掲げ(肖像権の問題?)、やはり携帯やカメラを構える学生に注意。「撮影の邪魔まではしないが、できるだけ近くで嵐たちを見たい。あわよくば写真取りたい」というのがこの時の学生の大半の考えだっただろう。
だいたい滞り無く撮影が進んだようだが、途中でおじさんが一人で「誰の撮影の許可もらった?!」と憤慨しながら乱入して撮影を中断させた場面があった。しかし多勢に無勢、スタッフによってすぐに排除されてしまった。おじさんが誰なのか、彼の主張に正当性があるのかはわからない。
そして門の外側でのインタビューを終えたようで、一行は門をくぐってキャンパスの中へと入った。やじうまも同様に進む。そう思われた瞬間、キャンパス内のロケバス3台が一行を高速で収容してそのまま奥へと進んでいってしまった。つまり、撮影が始まる前からすでにロケバスが門の内側で待機していたということなのだろう。手際の良さはさすがプロだ。
目的を失ってしまった学生たちは、「解散してくださーい」という警備員の方の指示もあり、帰路に着くなりオリエンテーションの集合場所に戻るなりした。
芸能人を直接目撃できたのもそうだが、突発的な社会科見学が出来たようで印象に残った出来事となった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。