スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪人生の学力向上に関する考察

カワイに入って一ヶ月ほど経ったので、浪人生についての記事でも。カワイはまあそれなりにいいこともあるけど、拘束がうっとおしい。実際役に立っている授業は17分の3コマで木曜日に集中しているので、他は休んでも全く心が痛まない。
去年僕の成績が上がり続けていた時、浪人生はいったい何をしているのかというのが正直な疑問だった。去年僕は毎日学校に行かねばならず、実際学校での授業で受験に直結しているものはあまりなかったから、勉強時間に関しては浪人生に大きく遅れをとっているはずだった。いかに現役に伸びしろがあると言っても、浪人生がきちんと効率よく勉強していれば勉強時間で差がき、成績にも必ず差がでる。恐らく予備校の授業はよほど効率が悪いんだなと僕は考えていた。
そして自分が浪人生となった今、この推測はほぼ正しかったことがわかった。
カワイのカリキュラムでは英数国が飛躍的に伸びることは恐らくない(多分これは講義を採用するどの大手予備校もそう)。英数国が伸びないことを感じた浪人生達は必然的に地歴で勝負せざるを得ず、しかし地歴はある程度伸びたあとは絶望的に点の伸びが悪い。勉強時間と得点が全く比例しない。結局地歴に膨大な時間をとられた上に主要三科目が向上せず現役に追いつかれるんだろう。まあ現役の時にあまり勉強しておらずスタート地点が現役と同じという人も多いだろうけど。
また、講義授業は内容が伴わないとただの時間の無駄でしかない。浪人生の多くは非効率な予備校の講義に多くの時間をとられ、現役に対する時間のアドバンテージを失っている。ここも多くの浪人生が伸び悩む理由だと思う。講義の内容が悪いのであれば(もしくは自分には必要ない)そんなものはとっととサボって、自分で参考書等を解くという姿勢が無ければ結局まともな勉強時間が確保できない。
宅浪が一番いいと言うつもりはないけど、予備校に行くのであれば自分が必要な講義だけをつまみ食いするという姿勢をとらなければ無駄な授業に時間をとられ(予習+講義+復習)貴重な勉強時間を失いかねない。苦手な科目は講義よりも個人塾や使える参考書に重点を置くことで補完し、演習量と成績が直結する主要三科目(特に英語と数学)は講義を蔑ろにしてでも毎日やるくらいのつもりでいることが大切だと思う。地歴に追われる現役に英数国を毎日やる時間はないのだから、伸びしろに限界の来づらい主要三科目はきちんと毎日こなしていれば必ず差が出る。
逆に地歴は伸びしろに限界が来てから頑張ってもあまり伸びないから、現役の時にきちんと地歴をやっていた浪人生は頑張りすぎないことが大切じゃないかと思う。
・使えない授業は切る
・地歴は引き際を見極める
・主要三科目をきちんと
これが浪人生には多分大切。大手予備校の主要三科目のカリキュラムが糞すぎるのは全国の浪人生の足を引っ張ってる。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。