スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故カワイの模試は当たるのか

今回唯一取っている歴史の夏期講習をうけていて、カワイの講師がもらしたことによると
・カワイはオープンの歴史の模試を作るのにチームを組んでいるらしい
・模試を作るにあたって院生を多数呼んで教授陣のトレンドに関する情報を集めているらしい
・講師陣は問題的中に意欲を燃やしているらしい
あと自分がカワイの授業を受けてテキストをみたところ、少なくとも2、3人は比較的まともな講師がいるっぽい
ということで時々歴史の問題は当たる(というかかする)みたいです。

ちなみに何故スンダイが当たらないかを元スンダイ生としての経験から予想すると
・問題作成が一人の主導で行われている
青本をチームで書いていないあたりからも分かると思う。世界史に関しては昔模試用の会議的なものがあると言っていた講師もいたが、模試の解説が青本を書く某講師の口調そのままであるため恐らく彼の独裁体制のもと進められている。日本史は完全に某講師の独裁体制

・当てる気が無い
そういう努力をしていれば嬉しそうに語るのが予備校講師だけど、こんな話は聞いたこともないので分析して当てるということにに労力を使うつもりが無いっぽい。
・講師の質が低い(質が高い講師が少ない)
まともな講師は世界史に関しては2人、日本史では2~3人しかいない。


カワイもスンダイもあまり好きではないけど、世界史、日本史に関しては比べてみてテキストの質がカワイの方が上だといわざるを得ないかなあ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。