スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン留学 6日目

この日からルームメイトと週末を利用してのセブ島北部にあるマラパスクア島への旅行。
早起きしてバスターミナルに向かいあこがれの長距離バスに乗り込む。時間の都合上エアコン付きのバスに乗れなかったので、とても座席が狭い。
バスは出発した後も乗りたそうな人がいれば止まって乗せるためなかなか勢いよく進むことはないけれど、道中街の様子を見ることができるため楽しかった。途中大きいターミナルのようなところで止まることが何度かあり、すると旅のおやつを売る人が窓のところに寄ってきて、商品を見せてくれる。おなかもすいたので買ってみた。
CIMG8036.jpgCIMG7819.jpg
頭に乗せて運ぶ             確か10ペソくらい

4時間ほどの旅を終えて、港に着いた後は船のチケットを買う。80ペソ。ちなみにバスの運賃は160ペソだった。船の旅はそう長くかからず、30分くらいでマラパスクア島につく。島に着いた途端地元の人々が群がってきて、ホテルまで案内してくれるという。そのうちの一人に予約してあるコテージの名前を告げると、予想通りコテージへの道すがらシュノーケリングなどのアクティビティの勧誘が始まった。こちらももとから地元の人に頼むつもりだったので、その話に乗る。結局シュノーケリングのスポットを回りながら船で島を一周するプランを組んでもらった。この時は値段交渉をしなかったけれど、今考えたら値段を下げることは出来たかもしれない。
ゆっくり昼食をとってから、久しぶりに水着に着替え海に向かう。肝心のシュノーケリングだけど、実はニモが見られる場所や、サンゴがみられる場所には行ったものの、眼鏡がないと視力が極限まで低下する僕はあまり楽しめなかった。最後の方に眼鏡をつけながらシュノーケリングする技術を編みだして、ようやく海底がものすごくきれいだったことに気がつき、次はコンタクトを作ってから南の島を訪れたいと切実に思った。ダイビングもやってみたいし。
海から帰ってきた後は、300ペソで受けられるマッサージを楽しんで、コテージで休みをとった。海で浮いてるだけだったのにあれほど疲れた理由が全く分からない。
とはいえ寝てるだけでは案外時間は過ぎないので、日が沈みかかったころ海辺の方へ散歩に出ると、潮が引いてとてもきれいだったため何枚か写真を撮った。遠くのほうでは地元の子供たちが観光客に売るお土産用にヒトデやきれいな貝殻を集めていた。
CIMG7897.jpgCIMG7905.jpg
                              これに襲われたらひとたまりもないなと思う

CIMG7889.jpg
マラパスクアには犬が多かった。
日が沈んだ後は夕食を食べるくらいしかすることがなく、適当に近くの店を訪れた。観光地プライスのため、量はたくさん出てくるけど値段は日本の0.8倍くらい。そんなことに全然気がつかずに注文していて、結局750ペソ分くらい食べた。まだ日本での金銭感覚が抜けていなかったから仕方ないとはいえ、今から考えると少し馬鹿らしい。セブシティの庶民向けのお店でならお腹いっぱい食べて80ペソくらいだから、約9食分・・・・。それでも日本よりは安いので、そのあたりの金銭感覚のバランスのとり方が難しい。
CIMG7926.jpgCIMG7928.jpg
チョコレートシェイク。ちゃんとしたシェイクを飲むのは初めてだったけど、とてもおいしくてお気に入りになった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。