スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン留学 6日目

この日は早起きして、地元の人に連れられて釣りに行った。沖の方まで出て、糸を垂らし、引くのをひたすら待つ・・・。
全 然 釣 れ ね え
しかし隣では地元の人がひょいひょい釣りあげている。一体何が違うんだ・・・。考えられるのは餌の付け方くらいか。
試行錯誤して途中数匹釣れたけど、結局振り返ってみると2時間半くらい太陽光にあたって体を勢いよく焦がしただけだった。
CIMG7948.jpg
釣れた青い魚

釣りから帰ってきてもまだまだ朝だったので、適当に朝食をとって、まだ寝たいというルームメイトと別れ島内を散策することにした。奥まで入っていくと、そこでは直に地元の人の生活を感じることができる。
ヤシの実を鉈で割っている人々や、井戸から大勢で水を汲み容器に移し替えている人々、沐浴をしている人々、なぜか放し飼いにされているヤギ・・・・・。日本ではもう見ることができないであろう風景は、どれもとても新鮮で刺激的だった。
CIMG7979.jpgCIMG7964.jpg
ヤシの木と共存する村
CIMG7993.jpgCIMG7985.jpg
他にも豚や猿、牛がいた   

村を歩いているだけでもそこらの観光名所なんかよりずっと楽しめたのだが、島唯一の観光名所(きれいな海は除いて)とも呼べる灯台が見えてきたのでどうしてもふもとまで行きたくなった。近づいてうろうろするが、行き方がわからない。困って右往左往していると、地元の女の子が「どこに行きたいの?」と声をかけてきた。
僕がライトハウスに行きたいんだ、と告げると、ついてきてとでも言うように女の子は僕の先に立って進み始めた。少し不安だったけど、ここまできたからには灯台に行きたかったのでそのままついて行った。足元は岩場なのに、女の子は裸足ですいすいと登っていく。歩幅の差もあるし、僕はサンダルをはいているのに結構一生懸命歩かないとついて行けなかった。
少し登ったところで、無事灯台に到着。そこから海が一望できて、とてもきれいだった。女の子にはお礼に5ペソ払った。
CIMG7997.jpg
灯台と女の子

灯台から降りてくるとだんだん雲行きがあやしくなってきたので、コテージに戻って帰り支度を始めることにした。しかしチェックアウト&昼食の後にお土産のポストカードを買いに海へ向かう途中、その前の日にツアーをセッティングしてもらった地元の人に会う。こちらを見たとたん、驚いた様子で「船にはのらなかったのか?」と声をかけられた。
首を振ると、あわてた様子でなにかを説明し始めた。落ち着いて話を聞くと、もうセブ島へ戻る最終便がでてしまったらしい。そんな馬鹿な、まだ聞いた出発時刻の一時間前なのに、と言うと①現在の時刻は出発時刻の三十分前であること②台風の接近により出発時刻が早まったことを告げられる。セブシティからたかだか5時間の島と、セブシティの間に時間のズレがあること自体が衝撃的だったが、乗り遅れたことはさらに衝撃的だった。80ペソで乗せてくれるパブリックの船がなくなった後は、地元の人の船に乗せてもらうほかなく、その値段が法外だということを事前に聞いていたからだ。確かにさっき大量に人をのせた船が出港するのは見たが、あれは最終便の一本前だと思っていた。しまった。
案の定地元の人は船を紹介してやるという。実際雲行きも相当怪しくなっているし、こちらも余裕がないので素直に従った。港に行くと確かに最終便は出てしまったらしい。全く船と人影がなかった。
この後すさまじい波の中、大量に水をかぶりながら(これ自体はかなり楽しかった)セブ島北端にはたどり着けたのだが、値段は定価の10倍以上の1100ペソ(絶対何かの法律に抵触してる)はするわ、島のお土産は変えないわで散々だった。1100ペソ!は高い勉強料となったが、実際本当にいい勉強になった。次からは気をつけます。
CIMG7960.jpgCIMG7962.jpg
街の風景

帰りも同様に4時間ほどかけてセブシティに戻り、気になっていた日本料理店「来来軒」で夕食をとった。ラーメン屋のはずが寿司(といっても決まってカリフォルニアロールしかないけど)や天ぷらも売っており、フィリピンの日本料理店でカリフォルニアロールをはじめて食べるという不思議な体験をした。案外おいしい。
CIMG8053.jpg
しかし105ペソ。今から考えると法外な値段。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。