スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンの物価(食べ物)と学生流お金の使い方

今までは地球の歩き方に書いてありそうなことばかり書いてきたけど、ここから少しつっこんだ話を
今回はフィリピンの物価(食品)について。
これは僕の主観だけど、フィリピンのお店は3種類ある。
1つめは旅行者や年金を持って海外から住み着いている富裕層向けのお店
2つめは中流層向けのお店
3つ目が庶民向けのお店

まず富裕層向けのお店は、だいたい日本の値段の半分から7割くらい。とても高いクオリティの料理を格安で食べられるため、とても楽しいのだけれど、結局それなりに高くつく。日本で2000円位するディナーを500ペソ(1000円)くらいで食べると思えばいいでせう。このタイプのお店の代表格として、滞在の後半で連れて行ってもらったウォーターフロントホテル(セブシティで2番目に大きいホテル)のビュッフェがある。高級ホテルのおいしいビュッフェが650ペソで楽しめる素敵すぎる場所で、近ければ普通に毎日通うレベルだった。
CIMG8656.jpgCIMG8847.jpg
ウォーターフロント。もう一回行きたい。

中流向けのお店は、ファストフード系のお店や小さなレストラン。マックやケンタッキーもフィリピンには進出しているけど、フィリピンにはジョリビーと言うオリジナルのハンバーガーショップがあって、人気を博しており、セブシティ内でも軽く30はあると思う。これら中流のお店の特徴は店内がこぎれいでさっぱりしていること。一食約200ペソ~300ペソで、モールにはこの手のお店が多い。普通に安くそれなりに落ち着いた場所でご飯を食べたければ、こういうお店を訪ねればいい。地元でここを訪れるのはそれなりに裕福な中流階級に属している人々で、庶民はめったに訪れない(ファストフードでは時々見るかも)。
CIMG8133.jpgCIMG8170.jpg
人気のファストフード、ジョリビー。         これだけ買っても200ペソ
CIMG8136.jpgCIMG8130.jpg
落ち着いた雰囲気のタイ料理店      これで200ペソ。  

庶民向けのお店は、街を歩いていて普通に見かける食堂や屋台など。一食30~100ペソで、地元の人は普通これらのお店を利用する。基本客は皆地元の人のため観光客は入りづらいけど、その安さは魅力的。お店のイメージはいかにも「東南アジア」といった感じで、少しうす暗く汚い。ファストフードに負けずに地元の人々のお店が頑張っているという構図は個人的には温かいと思う。
CIMG8779.jpgCIMG8604.jpg
留学生にも人気のお店                  飲み物とあわせて60ペソ
CIMG8508.jpgCIMG8512.jpg
フィリピンでBBQはかなり一般的               これで50ペソ
CIMG8190.jpgCIMG7580.jpg
パン屋はかなりたくさんある           一個大体5~10ペソ。パン屋でならお腹いっぱい食べても30ペソで済む

僕は当初何を食べるにも日本より安いことが嬉しくて、富裕層向けのお店や中流向けのお店にばかり出入りしていたのだけれど、そうすると結局夕飯とお昼で500ペソくらいかかってしまい、実際の金銭的負担が予想以上に重かった。1週間ちょっとたってから流石に節制を心がけるようになり、地元の人の生活を見たいという気持ちからも庶民向けの店に通い始め、その安さにはまった。
フィリピンに行った日本人、特に僕のような貧乏学生は二つの金銭感覚にさいなまれることになる。一つは日本の金銭感覚で、日本だったらいくらなものがこっちだといくらで買える!という気持ち。もう一つはフィリピンの金銭感覚で、これだったら食堂で○色食べられるな・・と計算してしまう貧乏根性。僕は徐々にフィリピンの値段の感覚にシフトしていったけど、実際400ペソくらいでおいしいものがたくさん食べられるお店達にもひかれるのは確かだった。
最終的に僕のような貧乏学生がこれら両方の金銭感覚を満足させるために編みだした食生活は、しばらくは庶民の店で安い食事をお腹いっぱい楽しみ、時々高級ホテルのビュッフェでおいしいものをそれなりの値段でお腹いっぱい食べるというもので、これは楽しかった。お金のある社会人とかは毎日おいしいもの食べればいいと思うけど。イイナー
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。