スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン留学 17日目

この週は金曜日がTOEICの模試なので修業は木曜日まで。つまりこの日が最後の授業の日だったので、先生たちとの別れを惜しみ、facebookのアカウントを交換した。
この日の休み時間の目的地は、セブ島の隣(といっても橋でつながっているので車で行ける)のマクタン島にあるフィッシュマーケット(ラプラプモニュメントの隣にあるやつ)。ここでは魚を選んで調理してもらえるサービスがあると地球の歩き方に書いてあり、以前から是非行ってお腹いっぱい魚を食べたいとおもっていた。近くに安い土産屋が並んでいるので、うまくいけば安く大量にお土産を買えるかもしれないし。
しかし、僕ももう残りのお金があまりなく、しかもマクタン島は遠いのでタクシーで行くとすると片道で250ペソくらいかかってしまい、それならマクタン島に行かずにこっちでお土産やらご飯やらにした方が安くすむのではないかという貧乏根性が働いてしまった。でもフィッシュマーケットに行って魚を目の前で調理してもらうという体験は是非したい。
そこで僕は悩み、思いついた。ジプニーで行けばいいんだ。幸いジプニーでのマクタン島への生き方は地球の歩き方に書いてあるし、マクタン島についてからは適当にトライシクル(バイクを改造してとなりに一人客をのせられるようにしたもの)を拾ってフィッシュマーケットに行けばいい。ジプニーもトライシクルも激安だから、往復で80ペソくらいで済むはず。完璧だ!
そこで地球の歩き方に書いてある通りにジプニーを拾い始め、3つくらいジプニーを乗り継いだ後にマンダウエという場所にたどり着いた。ここでマクタン島へのジプニーを拾えるはずだったけど、どうしてもマクタン島行きのジプニーを見つけることができない。人に聞くと親切に教えてくれるけれど、なかなか英語が通じなくて結局どこに行けばいいのかわからない。うろうろしている間に時間ばかりが過ぎていき、リミットギリギリになってしまった。
仕方がないのでフィッシュマーケットはあきらめ、かわりにマンダウエで見つけたマーケットを見て回ることにした。カルボンマーケットと同様非常に匂いがきつかったけど、大量のトライシクルやバナナの市場など、マクタンと違った点もあり楽しめた。相変わらず観光客はほとんどいないため、とても緊張したけど。

夜に大学生の食事会に誘われたので、ルームメイトとついて行くことにした(一応言っておくとフィリピンでは18歳から飲酒が許されている)。北大や同志社、一橋など色々な地方から様々な目的で大学生がきていて、彼らは自分で留学に来るような人たちなだけあって、それぞれがしっかりとした意見と見通しを持っており、話をしていて大変参考になった。願わくは大学生になってからもう一度ここに戻ってきたいと思った夜だった。
CIMG8680.jpgCIMG8683.jpg
マーケットの様子

廃アパートCIMG8699.jpg
おまけ 夜、帰りに見つけた野外での賭博。単純なルーレットだけど、みんな楽しそうだった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。