スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン留学 19日目(最終日)

この日の夜中の飛行機に乗って帰国するため、この日が実質的な最終日。
なので朝から眠そうなルームメイトに付き合ってもらい、モールを回って土産物を買うことにした。モールに行くジプニーを拾うまでの道のりで、前の日に見つけたものとは異なる海賊版のお店を発見したので、入って値段を聞いてみたら一つ40ペソとのこと。ハリーポッターやパイレーツの最新作などつい最近日本で公開されたものもあった。

SMモールで目当てのジプニーのミニカーを買った後、つかれたので先に帰るというルームメイトを見送りにモールの出口まで行く途中、「今何時かわかりますか?」と女性に声をかけられた。
時間を教えてあげると、相手がさらに「どこからきたの?」と会話を続ける。発音がなまっているため(それは僕も同じだけど)例によってうまく聞き取れなかったが、マニラから来たマッサージ士らしい。マニラには来ないの?と相手は熱心に会話を続けるけど、ルームメイトが横で帰りたがっているのに僕だけが英会話の練習をしているわけにはいかない。急いでいるからと言って別れ、友人を見送った。
しかし出口からモールへ戻る途中、もう一度同じ人に声をかけられた。さすがに不審なので今度は適当にあしらって別れたけど、その時の相手の話の内容が、要約すると
「今から友達が来るんだけど、わたしたちもう友達だし一緒にあそばない?」
といった感じで、絵にかいたような危険な話だった。そのまま残っていたら残り少ないお金を全て「お友達」に搾り取られていた可能税が高い。怖っ。

そのあとさらに適当にブラブラし、もう買うものもなさそうだったので、SMに来る途中で発見した教会に行ってみることにした。辺境の教会だったけど土曜日だったからかちらほらと人がいて、中で静かに座っており、僕もそこでしばらくのんびりした。やっぱり観光客がいない場所の方が落ち着く。近くにチェスクラブがあり、中で人がチェスをしていたので混ざろうかと思ったけど、ちょっと怖かったのでやめた。海外で知らない人と道端チェスをするなんていうオサレな体験してみたいなあ。ちなみに喫茶店やこういった場所でなどでチェスが指されているのをフィリピンでみたのはこれで3回目。ポピュラー・・・なのかなあ・・・。

そうこうしているうちに少し太陽が傾いてきたので、寮に帰ることにした。ジプニーでまったりとセブシティに別れを告げていると、突然集団(4人)で若者が乗り込んできた。お昼の空いている時間だったため乗客は僕ともうひと組カップルがいるだけ。これが噂のジプニー強盗かと腰を抜かしていたら、合図とともに4人が始めたのはボイスパーカッションだった。なかなか上手で、終わったあとにお金を請求されたので5ペソ支払った。不思議な体験だった。

この日は夕飯にルームメイトと再びウォーターフロントへ行き、お腹いっぱいご飯を食べた。まさしく最後の晩餐にふさわしい。寮に帰って荷支度をし、ルームメイトと喋っていたらあっという間に出発の時間を迎えてしまった。
重い荷物を引きずって道路まで出ていき、タクシーを拾って空港まで行った。ずいぶんあっけなかったが(3週間しかいなかった上バッチメイトもいない僕を見送るのはルームメイトくらい)、セブでの留学は新鮮なことばかりで本当に楽しかった(日本での予備校地獄のせいあると思うけど)。2カ月くらい滞在していたかったなあ。
いつかまたセブに戻りたいと思わせる、素敵な留学生活だった。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。