スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンの治安

よく言われることではあるけど、セブシティの治安は良い方で無茶なことをしなければ危ない目にあうことはほとんどない。
それでも留学生相手の犯罪があることは事実でなので、僕が聞いた犯罪例を以下にあげて、どのような点に注意した方がいいか、思うところを続けて書いてみる。

聞いた犯罪例
・モールを歩いていたら、後ろから走ってきた何者かにネックレスを引きちぎられた
・モールのATMからお金をおろしている時、急に来た何者かにお金をかっさらわれた
・モールを歩いている時、急にバッグをあけられて中身を奪われかけた
・タクシーに乗った時に助手席に共犯者がいて、銃を向けられて身ぐるみをはがされた

地球の歩き方に乗っていたのは
・人の少ないジプニーで刃物で脅され強盗にあう
・売春行為に及んだのちにグルの警官がやってきて大量の慰謝料を請求される

以下は都市伝説的な話
・深夜ジプニーに乗っている時に、窓の外から手が伸びてきて首ごとネックレスを持って行かれた
・深夜腕ごとノートパソコンを持って行かれた

日本人や韓国人、中国人など東アジア系は極端に女性が狙われやすい。これはセブシティにいる東アジア系男性の大多数が韓国人であり、彼らがみな兵役を終えているということを現地の人たちも知っているから。
また、僕が聞いた話がモールやタクシーについてだけなのは、留学生たちがちゃんと警戒して変なところをうろつかず、タクシーばかり利用しているからだと思う。

上の犯罪や他にもスリなどにあわないようにするために、具体的に必要だなと思ったことは
・モールや観光地以外の場所ではなるべくラフな格好を心がける。現地の人はみな古着を着ているため、服の新しさで観光客はわかってしまうこともあるけど、ビーチサンダルに手ぶら(もしくは小さなバッグ)という最低限のスタイルだけでも真似しておけばかなり溶け込める。目立っていればいるほど狙われやすい。
・たとえモールであってもカメラやサイフなど貴重なものはなるべく見せびらかさない。もちろんサイフはポケットに収まる小さいものにし、バッグもなるべく小さいものにする。高価そうな時計やその他のものを身につけない。

とにかくこの二つにつきる。つまり、なるべく現地の人っぽくしていればマーケットなどを訪れても狙われにくくなるし、逆にたとえモールにいたとしても高価なものを身につけて隙だらけで歩いていれば容易にターゲットになる。

他にも、
・タクシーに乗る時は必ず助手席を確認する。
・ジプニーは混んでいるものになるべくなるべく二人以上で乗る
といった最低限の注意は必要。どこにいても(観光地は除いて)財布とカメラを出している時の自分はとても目立っているという警戒心を持つことが大切で、それさえ守っていれば大丈夫…だと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。