スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰郷

テスト勉強が以前にもまして厳しくなっております。とはいっても去年現役で入ったチェス部の面々から様々な情報を得ていたおかげで(マジで感謝)、まわりの一年よりはきつくなくて済んでます。
それでも中高時代と違って失敗したら問答無用で留年だし(僕がむしろ留年したいと思っている話は置いておいて)、そもそもこの先の進路を自由に決めるためには点数が必要で、でも試験範囲も半端じゃなく広いので、さすがに久しぶりに本気を出さざるを得ない。ということで、今は毎日もっとも集中して勉強できる環境、スンダイ横浜校に朝9時から夜9時まで通っています。本当は浪人中にかよっていたトウシンの自習室でもよかったんだけど、さすがに狭くてばれそうだったのであきらめた。
スンダイには一年以上ぶりにかえってきたけど、ほとんど変わっていないので超落ち着ける。最初は自習室でのポジション取りや館内の移動で失敗したりしたけど、すぐにいろいろ思い出して今はしっかりなじんでいます。さすがに高3の一年間ほとんどスンダイで生活していただけあって本当に集中&リラックスして勉強できる。故郷に帰った気分です。
まあずっと言ってきたとおりスンダイはだいっきらいなんだけど、自習室は素晴らしいということで、初心に帰ってガチ勉してテストを乗り切りたいと思います。テストが終わってもいない今から超夏休みが楽しみなんだけど、これはよく考えたら夏休みそのものが二年ぶり(去年もまあしっかり遊んだけど)だから。高2の最後の夏休みは40日中28日外泊して超充実させたけど、今回はそれ以上のものにしていきたい。もちろん去年できなかった夏休みにのみ許された超怠惰な生活もしたいと思って楽しみにしてます。

試験はじまらんとす

先週の日曜日はアイセックのお仕事で、海外から来ているインターン生と浅草観光をおこなったりしたんだけど、もう今は迫りくるテストとの格闘に必死です。
ほとんどレポートや授業内課題で成績がつく授業をとったので、幸いテストはほぼ必修だけだけど、どの授業もマックスで一回しか出たことがない。4月と5月の頭に少し勉強した分以外はストックが全くないので、そろそろ受験生に戻って本気出さないとまずい。
今のキャンパスにいる間では一年のこの時期が一番きついので、なんとか乗り切りたいと思います。
夏休みはやくこないかなー

ビザとって巨大排水溝見てきた

昨日は学校を休んで友人たちとカンボジア大使館にビザを取りに行った。
夏に回る予定の東南アジアの国々のなかで、なぜかカンボジアだけはビザが必要。現地で申請するとどう考えても値段交渉バトルがめんどくさいので、こういうものは日本にいるうちにやっておくに限る。
その後、旅行に向けた計画をいくつか進めて、前々から行ってみたかった埼玉県の「首都圏外郭放水路」を見にいった。これは周囲の川が大雨であふれかけたときにそれぞれの川から水を抜き取って貯め、場合によっては江戸川に放水するための超巨大治水地下施設らしい。
なんでも工事中(13年くらいかけた大工事)にその様子を知ってもらおうと始まった見学会が根強い人気で今もつづいているんだとか。実際に見学できるのは水をためておく調圧水槽といわれるところで、そのでかさは写真をみてもらえれば一発でわかると思う。安全管理のためだとかで見学範囲は超狭かったけど、こういうタイプの建造物が大好物な僕としては結構楽しめた。特に、ダムと森林という授業でダム事業や治水について学んだので、こういった治水系の組織は格段にテンションがあがる。
あとは、この施設の周囲には超のどかな田園風景が広がっていたため、最近人混みばかりを歩いている身としては帰りに歩いているだけでも超なごむことができた。久しぶりの非日常をしっかり楽しめたので大満足の一日でした。
テストが近づいて死にそうだけど、8月はえいちきゃっぷのガチ活動、9月は東南アジア旅行と今から夏休みが楽しみで仕方がない。

CIMG0681.jpg
田園風景。渋谷の人ゴミから解放されたい
CIMG0691.jpg
CIMG0698.jpgCIMG0700.jpg
首都圏外郭放水路。特撮などの撮影にも何回も使われているらしい。





ナイトハイク

大学で合宿とゲームについての講義をとっているんだけど、昨日はスマブラやカービィシリーズの製作者として有名な桜井氏が講演に来た。せっかくのお祭り的イベントなので、いつものようにゲーム仲間を呼んで一緒に講演を聞き、その後これまたいつものように流れで夕飯を食べることになった。
夕飯は近くのつけめん屋さんだったけど、全員無理して500gのつけ麺に挑戦したので(ゆでる前で500gなので実際は1㎏を超えていたと思う)死にそうになる人が続出し、ついに合宿がつけめんの残り3割くらいと闘っている間に終電を失ってしまった。
彼が終電を失うこともいつものことだけど、それでも家に帰ることができなくなってしまった合宿と一晩遊び、さらに胃の中にたまった小麦粉を消化しなければならなかった。そこで、前々からうわさに聞いていた山手線一周に挑戦してみることにした。
当初の予定では12時くらいから、渋谷をスタート地点として品川方面にぐるっと一周回る予定だったけど、結局朝6時くらいに限界をむかえ、秋葉原で解散となった。冷静に授業終了した18時くらいからキャンパスをうろうろしたりして歩き回っていたのだから、そろそろ限界をむかえて当たり前だった。それでも半周は悔しいので、今度もう半周に挑戦してみたい。
今回歩いて分かったことは
・東京は夜中でも全く車が途絶えない
・終電なくなったあたりの時間帯には本ッ当に大量のタクシーが道にあふれる
・山手線には踏切がない

など。浜松町の馴染みのポケセンで日の出を迎えたあたりがクライマックスだったかな。歩きながらたくさん(まあ最後の方は疲れてみんな無口だったけど)たわいもない話ができたのでよかった。やっぱり、この先自分の学生時代を振り返った時にこういった馬鹿な話がたくさんあったらいいなと思うので、まだまだ積み上げていきたい。

おまけ
今日、山手線一周をしたことがあるおぐおぐと話をしたけど、やっぱりのんびりやって10時間くらいかかるものらしい。ですよねー。ちなみに僕はこの前の反省を生かして学校で寝ることはあきらめ、山手線を寝ながら3周半したので、今日は山手線を合計で4周した。

CIMG0677.jpg

桜井氏にスマブラXにサインしてもらった。スマブラ新作楽しみだなー


忍び寄るテスト

ようやくサークル活動が落ち着きをとりもどし、すこしゆとりができたと思ったのも束の間、レポートやテストが襲いかかってきた。
昨日は例によって提出日前日まで放置したレポートをやってから、テストにせかされてスペイン語の勉強をしていたら明るくなっていた。先週えいちきゃっぷの活動で平均睡眠時間が3時間を切って以来、睡眠時間を削ることに全く抵抗を感じなくなってしまった。7時間半は寝ないと高ポテンシャルを発揮できないと信じていた先々週の自分からは考えられない。はたしてこれは良いことだったのか・・・。

明るくなってから家で仮眠をとることはいろいろと危険だし、クソ眠いのに起きて電車に乗るという行為そのものもつらいので、とりあえず大学に行ってから大学の空き教室かなんかで授業開始まで寝ることにした。大学には実はふかふかの長椅子が大量に置いてある建物があるため、そこにいって快眠するつもりだった。

電車の中で睡魔と激しく戦いながらなんとか大学にたどり着き、目的の建物へ向かう。しかし建物の様子がおかしい。人がいない。ドアに手をかけると、鍵ががかっている。
その時もう一度時計を見て、冷静に思った。うん、7時じゃあいてないこともあるか。
しかし我が大学には第二の快眠スポット、図書館がある。まさか大学で唯一といってもいい勉学のための建物が、朝7時にもなって空いていないはずはあるまい。眠気で朦朧とした頭でとりあえずそこまで考え、今度はふらふらと図書館に向かう。
しかし図書館周辺にも全く人がいない。さすがに不安になってきてさらに近づくと、入り口には
「閉館中」
の看板が。ちなみに開くのは8時かららしい。
さすがにこの大学のやる気のなさに憤りを感じ・・たいところだったけど、もうそんなことはどうでもよくて、とにかくまず寝たかった。
朦朧とする頭で寝られそうな場所を必死に思い出し、結局大学内の宿泊施設の裏で寝た。ここがなかったら芝生の上で寝かねない勢いだったので、危なかった。

・・・・・・・・・とりあえずこんな感じで頑張ってます。夜中勉強して大学で寝るという、夜中ゲームして学校でひたすら寝るという中高時代の生活リズムの改良版みたいな生活になってるけど、勉強に関してはこれでうまくいくのかは全く不明。
しかし忙しいだけであんまり楽しくないのはやっぱりちょっと問題かな。改善しなければ。
プロフィール

accblog

Author:accblog
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。